“LED特有のチクチクしないフワッとした灯り” KOIZUMI(コイズミ) ボールス​タイル LED シーリングライトが好印象

[Amazon] 家電・パソコン・通信

KOIZUMI(コイズミ) BALLSTYLE(ボールス​タイル) LED シーリングライト 【~8畳用】 BH15716CKは、天井に取り付けるシーリングライトです。

一般的なシーリングライトとは違い、球体をしたシーリングカバーでお部屋全体に光を拡散してくれます。

良い点

まず思ったのは、今まで経験したことのない灯り。
球体をしているカバーが壁のみならず天井全体をもまんべんなく照らしていて、ついつい「ほ〜」と言ってしまう。

シーリングライト、特にLEDシーリングライトの灯りは(特に)、壁の半分から下を照らし、壁半分から上はグラデーションがかかるように光がフェードアウトしていくのが特徴です。テーブルの上で仕事をしていると目に刺さるようなチクチクした光が印象的だが、このボールスタイルは乳白色の球体をしたシーリングカバーが光を上手く分散しているためか、そのチクチクがほぼ感じられない。
この光方は蛍光灯をカバー越しに光らせてる灯り、つまり今まで一般的だった蛍光灯のシーリングライト(乳白色のカバー付き)そのもの。

1つ異なる点があるとすれば、従来の蛍光灯を使ったシーリングライトでも照らしきれなかった天井部分までをも照らしている違和感。間接照明なのに直照明を浴びている違和感というのだろうか。でも部屋全体を見渡すと光はまんべんなく届いている。なんとも不思議な光方をする灯り。

悪い点

もちろん悪い点もある。照明は畳数によって適正と値づけられた光束量(ルーメン数)があるのだが、このシーリングライトに関してはこの適正ルーメン数で表すことができないのではないかという点。

今回購入した8畳用の仕様では器具光束が4,085mlと記載されているが、実際はそれを下回っているように感じる。
あまり詳しいことは書かないが、このルーメン数の計測方法には基準があるため、そのルーメン数が出ているとは思うのだが、あまりにも柔らかい光のためか、光の拡散角が広いためか、そのルーメン数に達していないと錯覚をしてしまう。

 

今まで日立やパナソニックのシーリングライトの様に、LED1つ1つにレンズがついているタイプのシーリングライトの明かりを経験したことのある方なら「暗い!」と思えてしまう。
そのタイプの日立の8畳用シーリングライトを同じ部屋で使ってみたが、日立で言えば6畳用モデルよりも暗いのではないか…と感じる。

色々試してみた感じでは、イケアの100W相当明るさを放つLED電球を2つで照らした明るさよりも若干明るく感じる。この電球の記載は1000ルーメン、2個で2000ルーメンなので、体感としての明るさは3000ルーメンくらいだろうか。もちろんこれは体感的なもので、実際に機械を使い計測をした結果ではないことは了承していただきたい。使用する部屋の畳数でも体感は変わる。ちなみにこの部屋の仕様は7畳前後で、一角が凹んでいるため実質的には6畳を照らしている。

もう一点悪い点があるとすれば、形状の問題で他のシーリングライトに比べると取り付けに少し戸惑う。シーリングカプラーをカチッと差し込み、それを照明器具にカチッと固定して、カプラーから照明器具へ電力を送る配線をカチッとはめ込むのには変わりないのだが、取り回しが一般的なシーリングライトとは違うので、最後の配線をカチッとする作業が若干難しい。
シーリングカバーの脱着は容易にできるので、掃除する際のカバー脱着には何の問題もないと思う。

色味

このシーリングライトの色味は、

電球色
60Wの電球相当か、それよりも若干白みが強いように思う。

全灯時の昼白色
赤みを感じる昼白色で、緑は感じにくい。

昼光色
暗く感じるような青みがかかった白。(実際に暗い。)

※個体差により色味が変わるので参考までに。

調色
全灯の状態から電球色へは12段、昼光色へは7段の調色が可能。

総評

 

上にも書いた通り、目に刺さるような痛さがないことを考えると、寝室や子ども部屋に向いているように思う。リビングでもスタンドライトやウォールランプ、ペンダントライトなど、必要に応じた灯りを別に追加することができるならば素敵な空間ができる事は間違いないはず。
「どうしてもLED電球は苦手…」という方にもお勧めだが、ご高齢の方には多少なりとも刺激のある一般的なシーリングライトをお勧めしたいところ。

6畳の部屋でも8畳用を購入するのがお勧め。記載されているルーメン数は全灯時のルーメン数なので、電球色で使ったり、青みの強い昼光色で光らせた場合、ルーメン数が減り暗くなる。経年劣化でも光束量は減るので、ワンランク上の物を購入していて損はない。

この灯りはテーブル上を明るく照らしたい方には不向きな部類なので、何かしらの書き物や読み物をなさる方は別途スタンドライトを用意する事を念頭に。パソコンを使う分には全灯状態では特に問題は感じられない。

最後に、カバーが割れやすいというレビューをよく目にするが、カバーの厚みは厚すぎず薄すぎず、弾力がないわけでもない。ごく普通のカバーだが、球体状をしているのが影響して落としたりすると加圧が一点に集中することから割れやすい評価がついているのかもしれない。

仕様

適用畳数:8畳
調光・調色:○
器具光束: 4085lm
演色性: Ra82
色温度:2700K~6500K
消費電力:36.0W
サイズ:高さ 277×幅330×奥行330mm
質量:1.8kg
その他:専用リモコン付き

コメント